MENU

肝臓に効果が期待できるサプリメントのご紹介

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、健康面に問題があってもなかなか気付くことができません。自覚できる症状が出てきたころには重い病気にかかっている場合もあります。

 

だからこそ、肝臓は毎日のケアが大切です。そこで、ここでは肝臓に効果が期待できるサプリについてご紹介します。

 

肝臓に効果的とされる成分のほか、お酒好きな人向け、肥満の人向けといった悩み別のサプリの選び方や日常でできる対策も解説していきます。

 

肝臓病に効くサプリメントランキング

肝パワーEプラス

国産の素材とその有効成分の含有量に拘った高品質なサプリで、肝臓に良い牡蠣やエネルギーの塊であるジャンボにんにく、クエン酸たっぷりの南高梅などの成分が凝縮されています。

 

肝臓や高血圧への良いアプローチもしてくれるため、お酒が大好きな方や運動不足を感じている方、なんとなく元気がでないといった悩みを持っている人などに非常に良い製品です。

 

1日3粒飲むだけで栄養が補給できることから、薬やサプリが苦手な人でも続けやすく9割以上の人が満足したと回答しています。

 

オススメしたい人 ・肝臓の数値が気になっているけどお酒を楽しみたい

・いつまでも若々しくパワフルな活動を続けていたい
・飲みやすくて続けやすい肝臓にいいサプリを探している

主な特徴 ・2016年のモンドセレクション金賞を受賞した実績のあるサプリ

・上質な製品のみが得られるハイクオリティ認証を取得
・15日間の返金保証があるので安心して始められる

成分 牡蠣エキス/南高梅/ジャンボにんにくエキスなど
価格 2箱定期コース申込で5,980円
評価

 

 

レバリズム-L

「沈黙の臓器」と言われるほど症状が出にくい肝臓をサポートするサプリで、シジミや牡蠣のエキスに加えてスクワレンもたっぷりと配合されています。

 

様々な角度から肝臓をサポートして元気にすることが目的で、お酒を飲む機会が多く肝臓の数値が気になる人や毎日の疲れが抜けにくい人に是非試してほしいサプリです。

 

シジミや牡蠣、スクワレンなどの素材はすべて国産で産地がはっきりしたものなので安心して続けることができます。

 

オススメしたい人 ・お酒が大好きだけど肝臓の数値が気になってきた

・スッキリとした毎日を送り元気でい続けたい
・なんとなく疲れが抜けにくく倦怠感が常にある気がする

主な特徴 ・満足度97%を誇る実績のある人気サプリ

・肝臓の特効薬と言われているシジミエキスをたっぷり配合
・肝臓の解毒作用をサポートする牡蠣エキスも1粒に凝縮

成分 L-シスチン/牡蠣エキス末/シジミエキス末/スクワレンなど
価格 初回モニター価格980円
評価

 

 

スルフォラファン

スルフォラファンとはアブラナ科の植物に含まれる非常に体に良い成分で、特にブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトに多く含まれています。

 

なんとなく元気がでなかったり、スッキリしない、肝臓の数値が気になるなど、年齢を重ねると出て来る悩みを改善する成分が豊富で、3粒飲むだけで元気をサポートしてくれます。

 

ケチャップなどで有名なカゴメが販売しており、国内で一貫して管理しているので安全性も高く長く続けたい高品質なサプリです。

 

オススメしたい人 ・お酒を飲むことが多かったり食生活が乱れがちな人

・ぼんやりしたり集中力の低下が気になり始めている
・安全で体に優しい成分のサプリで元気な体を維持したい

主な特徴 ・米国の医科大学と共同研究し、製品にした確かなサプリ

・国内一貫の生産体制をとり高品質なものに仕上げている
・実績のあるカゴメが販売しているので安心安全

成分 ブロッコリースプラウトエキス粉末/パセリ粉末/玉ねぎ粉末/生姜粉末など
価格 初回限定のモニター価格2,143円
評価

 

 

肝臓に効果が期待できるサプリの成分

主に肝機能のサポートが期待できる成分

オルニチン

オルニチンには、肝臓にあるオルニチンサイクル(尿素回路)の働きをサポートする効果があります。オルニチンサイクルによって有毒なアンモニアを無毒化して体外に排出することが、肝臓全体の機能を維持することにつながります。オルニチンはしじみに多く含まれていることでも有名です。

 

タウリン

タウリンには、肝細胞の再生を助けたり細胞膜を安定させることで、アンモニア無毒化で疲れた肝臓をサポートする働きがあります。

 

L-シスチン

L-シスチンは肝臓が解毒する際に必要とするグルタオチンを作ることで、肝臓の負担を減らす成分です。お肌の美白成分としても知られています。

 

セサミン

セサミンはごまや米などに含まれている成分です。アルコールの分解を早める効果があるとされることから、肝臓を助ける働きが期待されています。

 

主に肝臓の健康維持が期待できる成分

スルフォラファン

スルフォラファンは主にブロッコリースプラウトに含まれている成分です。肝臓の働きを助け、健康を維持する効果が期待されています。また、カゴメの研究では継続的な摂取による肝数値の改善が報告されています。

 

亜鉛

亜鉛はミネラルの一種です。肝細胞の材料となるタンパク質の合成と分解に関与しています。亜鉛が欠乏すると肝細胞の再生が低下するため、肝臓の病気のリスクが高まるおそれがあります。

 

肝臓のほかにも健康効果が期待できる成分

サポニン

サポニンは植物の根や茎などに含まれている成分です。肝機能を高める効果のほか、コレステロール値の低下や肥満の予防にも効果があるとされています。

 

アルギニン

アルギニンは健康に欠かせない、必須アミノ酸のひとつです。血管の老化を予防する効果があることから、動脈硬化や高血圧の改善に効果があるとされています。また、肥満の改善効果も期待されています。

 

肝臓に負担をかけないサプリの選び方

 

肝臓の健康のためにサプリを選ぶためには、成分のほかにも注意したいことがあります。それは、肝臓に負担をかけないことです。

肝臓に負担をかけるとは?

肝臓には摂取したものの代謝や、有害なものの分解といった働きがあります。これらの働き増やす結果となるのが、肝臓に負担のあるサプリです。

 

こうした負担をなるべく減らすことが、サプリの選び方のポイントです。下記の点に気をつけましょう。

 

・添加物が多いものは選ばない
・化学合成成分が多いものは選ばない(天然由来の原料を選ぶ)

 

体質に応じた選び方の注意点

摂取する人の体質によっては、タウリンやオルニチンに含まれている鉄分が体に悪影響を与えてしまう場合があります。

 

サプリによっては、これらの成分名ではなく「しじみエキス」といった名前で表示されている場合もあるので注意が必要です。

 

すでに非アルコール性肝炎と診断されていたり、健康診断などで肝臓に関する医師からの指導があった人は特に気をつけましょう。

 

こういった場合は、事前に医師にサプリの摂取を相談するのが理想的です。

 

二日酔いにおすすめの肝臓サプリ・対策

二日酔いにおすすめの肝臓サプリの選び方

二日酔いにともなう頭痛や疲労感などに悩まされている人は、肝臓のアルコール分解機能をサポートするサプリがおすすめです。

 

特にオルニチンやタウリンが含まれているサプリがその代表となります。

 

このほか、二日酔いの吐き気の主な原因である有害物質・アセトアルデヒドの代謝を早めるセサミンやL-シスチンも二日酔いに効果的とされています。

 

二日酔いにおすすめの対策

二日酔いによる体調不良の原因には、アルコールの利尿作用による脱水症状もあります。お酒を飲んでいるときも、こまめに水分補給を心がけましょう。飲酒中に水を飲むことで飲みすぎの予防にもつながります。

 

肝臓病の予防に期待できるサプリ・対策〜お酒好き編〜

 

肝数値が気になる人の中には、肝臓病の予防にサプリを摂取したいと考える人もいるのではないでしょうか。

 

肝臓病にはいくつかの原因があります。ひとつはウイルス感染です。

 

B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスが、血液を通って肝臓に到達することで発症する病気も肝臓病となります。しかし、これらはワクチンの誕生などによって感染は減りつつあります。

 

問題は、生活習慣が原因となる肝臓病です。これには主に2パータンがあり、「お酒が好きが原因の人」「肥満が原因の人」がいます。

 

肝臓病の予防にサプリを選ぶときは、こうした自分の生活パターンや体質を考慮して選びましょう。

 

お酒好きが肝臓病の予防に選びたいサプリ

お酒好きが肝臓病の予防にサプリを選ぶときは、アルコール分解を助けてくれる成分や、肝臓の健康維持も両立してくれる成分が含まれているものがおすすめです。

 

アルコール分解という点ではオルニチンやセサミンが期待できます。肝臓の健康維持も含めたらタウリンや亜鉛が含まれているものが良いでしょう。

 

また、すでに肝数値が悪いという場合は、肝数値の改善に結果を出しているスルフォラファンを選ぶのもおすすめです。

 

お酒好きに肝臓サプリが必要とされる理由

アルコール分解に良いとされる成分は、食べ物からだけの摂取では必要量を満たすことが難しいのが現状です。たとえば亜鉛をみてみましょう。

 

厚生労働省の『日本人の食事摂取基準2015年版』では、1日当たりの亜鉛の推奨量は成人男性10mg、成人女性8mgとなっています。

 

これを亜鉛が豊富な牡蠣で摂取しようと思ったら毎日牡蠣を5〜6粒食べる必要があります(牡蠣100gの亜鉛含有量は約13.2mg)。

 

たったの5〜6粒と思われるかもしれませんが、高級食材である牡蠣を毎日食べ続けることを考えると金銭的に負担となるのではないでしょうか。

 

こういった点から、肝臓の健康に必要となる成分量を効率的に摂取できるサプリは人気となっています。

 

お酒好きが肝臓病予防に心がけたい対策

これからも飲酒を楽しみたいと思ったら、今からお酒の飲み方を考えておくことが大切です。

 

ひとつは適量を心がけること。アルコール健康医学協会では、1日当たりのアルコール摂取量の基準をビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合程度としています。

 

またアルコールの吸収を抑えるタンパク質や脂質を含んだおつまみも一緒に食べましょう。そして、週に2日ほど休肝日を設けるのが理想的です。

 

肝臓病の予防に期待できるサプリ・対策〜肥満編〜

 

肝臓病といったら、お酒好きがかかる病気というイメージが強いですが、肥満の人も注意が必要です。

 

肥満の人の約8割が脂肪肝といわれ、肥満が原因の糖尿病による肝臓の炎症が、脂肪肝を招くこともあります。

 

肥満の人が肝臓病の予防に選びたいサプリ

肥満の人が肝臓病の予防にサプリを選ぶときには、肝臓の健康に役立つことに加え、肥満改善にも効果が期待できる成分を含むものを選ぶのがおすすめです。

 

たとえばスルフォラファンや亜鉛、そしてサポニンやアルギニンも効果が期待できます。

 

また、セサミンは脂肪肝対策として期待できる成分としても知られています。

 

肥満の人に肝臓サプリが必要とされる理由

肥満の人に肝臓サプリがおすすめされる1番の理由は、カロリーカットにつながることです。

 

成分の必要量を食べ物だけで摂ろうとすると、カロリーオーバーになる可能性があります。

 

たとえば脂肪肝対策の代表ともいえる成分・セサミンは、ごまだけで摂取しようとすると、約小さじ3杯分となります。カロリーにすると約42kcalです。

 

サプリならおおむね10kcal未満で抑えられるので大きな違いとなります。

 

肥満の人が肝臓病予防に心がけたい対策

肥満の人が肝臓病予防を心がけたい場合は、毎日の食生活と運動習慣を見直すことが大切です。カロリーの高い食べ物ばかり食べていないか、深夜に食事をしていないか振り返ってみましょう。

 

また、ウォーキングをはじめとした有酸素運動には脂肪燃焼効果があるので、積極的に行いたいですね。運動前後にストレッチをすることでケガや疲労の予防になるほか、運動の効果を高めることができます。

 

 

悩み別の肝臓におすすめのサプリはいかがでしたか?

 

肝臓の健康はサプリだけでなく、生活習慣の見直しとの両立が欠かせません。ライフスタイルや体質を振り返って、自分にできることから始めてみましょう。